3月の目標:型に囚われすぎない。
by a_amitton
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者TOOLS
↑カウンターおいてみました
キリ番踏んだ方はぜひ!!
コメント残してってくださーい♪
次のキリ番は6666!!


あばうと ここ
日々の出来事、日々思うこと、
お気に入りなどなど…
まぁ要するに、
普通の日記ですな(どーん)
管理人:amitton
プロフィールはコチラ

『管理人にもの申す!!』という
方はコチラまで↓
ma_a1kka@hotmail.co.jp



↑1000Hit記念企画
学生ブログランキングに参加中!
クリックよろしく〜♪


お気に入り
acqua in bocca al まんぼー
↑K氏のブログです★
KISHI 's village
↑き氏のブログです★
菊正宗連合本部
↑namiさんのブログです★
本格雑記
↑Yuhiさんのブログです★
華楠@堕落生活
↑華楠のブログです★
1/地球の全人口
とある男のとある日記

↑noriさんのブログです★
Aprile,ogni goccia un barile!
↑あさつんのブログです★
グッジョブ。
↑kimikoのブログです★
PornoGraffitti
↑ポルノグラフィティの
 オフィシャルサイト♪

cyrkam airtos
↑ゴミをゴミ箱に入れるゲーム。
 操作説明はコチラ

Tontie
↑ちょっと変わったモグラ
 たたき。操作説明はコチラ

Square2
↑単純だけど、やめられない!
 操作説明はコチラ

青空文庫
↑著作権の消滅した作品を
 読める、電子図書館です。

日本ふかわの会
↑ふかわりょうのブログです。
 おもしろいっ!毎週日曜更新。

がんばれ、生協の白石さん!

↑白石さんの独特の切り返しが
 たまらない!!

M子の話
↑天然ボケな彼女、M子さんの
 言動を綴ったブログ。

☆放課後のバーテンダー絵日記☆
↑可愛いコリンズくんのイラストで
 カクテルのレシピを紹介している
 ブログ。大好き!!
以前の記事
2006年 03月
2006年 02月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
カテゴリ
全体
日記
自己分析
バイト
サークル!!
趣味♪
★お気に入り★
最新のコメント
nice site. f..
by Jordan at 03:29
nice site. f..
by Jordan at 02:23
nice site. f..
by Jordan at 01:17
まいちゃんの相手はあなた..
by kimiko at 01:56
雪降ったねぇ!ビックリし..
by ウッディ at 15:12
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


哲学

1年の頃の哲学のレポートを久々に読んでみたら、
ちょっと面白かったので載せてみようかな(笑)



「私と他者との関係について」

私と他者との関係は、どのようなものか。

私のあり方はほぼ、他者を意識すること そして模倣することによって成り立っている。
他者の視線を気にせずにはいられない。
周りに流されてはいけないと思うことも、他者を意識することだ。
それはあるいは、『周りに流されてはいけない』と考える他者の模倣にすぎないのかもしれない。

では私には、他者によるものではない、自我というものは存在しないのだろうか。

他者が、模倣する対象である、ということは、
私と他者との間には何かしら違いがある、ということではないのか。

私と他者との関係を決定しているものとは、一体何なのだろう。

時に他者にあこがれを抱き、その人のようになりたいと思う。
しかし時に、他者に同調し模倣することに、反発を覚える。

この他者に対する『あこがれ』と『反発』の違いは、何によって決定されているのだろうか。

他者のどの部分にあこがれ、どの部分に反発を覚えるのか。
これは、人によって違う。
そこで、それを決定する何か、それが『自我』ではないかと考えてみる。

自我は、理想を生み出す。
その理想に適合する部分にはあこがれを覚え、模倣する。
その理想に適合しないものには、反発を覚える。
自我が目指す理想は、時に他者からの影響によって形を変えてゆく。

では自我が目指す理想とは、どのように作られるのだろうか。

それは無数の他者の中から、自我によって選び出され、形作られていく。
この選択が自我によるものだからこそ、
他者と自己との間に差異が生まれ、自我が自我であることが出来るのである。


私と他者との関係を決定するものとは、理想を決定する自我である。


他者と自己との間に差異があり、他者が、模倣する対象である限り、
私には、他者の模倣ではない『自我』が、確かに存在するのである。






なんか、ぱっとしない…(笑)

確か評価もあんまり良くなかった気が…

ま、いっか!!





[PR]
by a_amitton | 2005-09-20 23:24 | 自己分析
<< 私は 合宿。。。 >>